• ホーム
  • 避妊用ピルの注意点~飲み合わせと長距離移動問題について

避妊用ピルの注意点~飲み合わせと長距離移動問題について

2019年12月22日

複数の種類の薬を一緒に飲むと、それぞれの作用が低下したり、逆に増強されることがあります。
避妊用ピルの場合も同様で、飲み合わせに注意が必要です。
ドラッグストアなどで販売している市販の薬の場合には問題ありませんが、医師に処方してもらう薬には飲み合わせが悪いものもありますので、避妊用ピルを服用していることを告げるようにしてください。

避妊用ピルとの併用がよくあるものは、次のような薬です。
抗生物質で、ペニシリン系とテトラサイクリン系はピルの作用を弱めるので、避けてください。
副腎皮質ホルモンは、内服薬の場合には副腎皮質ホルモンの作用が強まることがあるので、量を調整する必要があります。
喘息薬のテオフィリン製剤は、テオフィリンの効果が強く出ることがあるので、量を調整してもらってください。
いずれも医師と相談して、併用する薬の方を優先するなら、避妊用ピルの服用をやめるなどの対処をします。

また、サプリメントのセントジョーンズワートも避妊用ピルの吸収を悪くすることが分かっています。
ダイエット茶などにも含まれますので、サプリメントを摂る場合には、セントジョーンズワートが含まれていないかチェックするようにしましょう。

低用量ピルでは、飲み合わせの他、血栓症への注意も必要です。
低用量ピルでは、「喫煙」、「肥満」、「高年齢」が静脈血栓症のリスクを高めるといわれています。
ピルを服用する場合には、禁煙をして体重をキープし、水分摂取を心がけることで血栓症を予防することができます。
また、長距離のフライトで起こるエコノミークラス症候群のように、同じ姿勢を長く続けることは血栓症の原因になります。
これは、飛行機に限らず、長距離バスや、長時間座り続ける映画館や会議などでも同様です。
ピルを服用している場合には特に注意して、長距離移動するときにはこまめに席を立つなどして、対応しましょう。

関連記事
避妊ピルの通販価格はどのくらいするもの?

避妊ピルには、いくつか種類があります。代表的なのは、低用量ピルとアフターピルです。低用量ピルとは、それ以前の中用量ピルなどより副作用が出にくくなったもので、現在広く用いられています。実際、病院や通販などで販売されているピルの多くは低用量ピルになります。また、アフターピルとは、避妊に失敗した場合に、行...

2019年09月28日
避妊の無料診察って可能?

早速回答ですが、無料で避妊相談を受けてくれる医療機関はあります。ピル外来、婦人科、女性内科、などがあるクリニックで、ピルの診察料は無料になっています。ピル外来のあるクリニックでは、ピルを使った3つの効果で確実に避妊させていきます。1つ目は排卵のストップです。ピルを服用すると、卵巣ホルモン(エストロゲ...

2019年11月27日
口コミでも人気の避妊用アイテムは低量ピルです

妊娠を希望していない女性に取って、予期せぬ妊娠ほど恐ろしいものはなく、ある意味人生を大きく狂わせてしまうこともある死刑宣告と同じだという声もあるほどです。女性の社会進出が進んでいる現代日本において、責任あるポジションで仕事に取り組んでいる女性など、妊娠してしまうと、とたんにそのレールから転がり落ちて...

2019年11月02日
避妊薬はにきびの改善や不妊治療にも有効

ピルは避妊経口薬として世界中の女性が使用しています。避妊の効果は100%近くあるといわれています。ピルの中には女性ホルモンである黄体ホルモンと卵胞ホルモンが含まれています。ピルは排卵を抑制する役割があるので避妊効果が得られるのです。そして、ピルには避妊効果だけでなく女性にとって嬉しいメリットがありま...

2019年10月07日
女性側の避妊アイテムと言えばプリベン

避妊は性交を行う上で、必ず念頭に置いておきたい事です。愛情の確認として、性交はカップルにとって大事な作業になります。ただし、経済的に不安定な時期に妊娠してしまうと、二人のライフスタイルが大きく変容します。女性が望まない妊娠は男女双方にとって不幸な出来事になりかねません。まだ子作りを求めない時は必ず男...

2019年10月03日
避妊薬の通販活用術を伝授

健康な男性と女性が性交渉をすると、妊娠をする可能性があります。結婚をしたり、子どもを産み育てる覚悟がある人たちでは喜ばしいことではあるのでしょうが、そうでないと困り、悩む場合もあるでしょう。そういったことを未然に防ぐためには、避妊をして対策をとる必要があるのです。避妊をするといっても、日本の社会では...

2019年10月01日